×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



半径1メートルの世界の中で


MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る

半径1メートルの世界の中で
01_センチメンタルな気分
02_携帯電話のメロディ
03_時給の世界
04_SUNTRONIXの考えること
05_12時間も寝てる
06_半径1メートルの世界の中で
07_たまには本当のことを言おう
08_sleepless_night
09_天の川
10_社会的には不安

01_センチメンタルな気分
君は髪を切った 僕は財布を落とした
悲しむことが多すぎる 若すぎるゆえのラプソディ

君は仕事を変えた 僕の悩みの種は増えた
ロックンロールを楽しみに 暮らしているだけの毎日

メリーゴーラウンドが回って 君を揺らす
うらやましいよ 君のことを笑わせられるなんて

非常ベルが鳴った 僕は歩いて通り過ぎた
水彩絵の具の溶けたバケツ 雨の中 水を宿した

君の背中を追いかけた 僕の救いの神は消えた
百戦錬磨のプロボクサーを眺めてるだけの毎日

アルコールが回って 君のほほを染める
うらやましいよ 君のことを興奮させるなんて

仕事のときも君のことで 胸が高鳴る
わずらわしいよ 中途半端にセンチメンタルでさ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
02_携帯電話のメロディ
いつも いつも 同じ道
いつも いつも 同じ顔
違うのは肌に感じる寒さだけ
君と知り合えてよかった

コーヒーを コーヒーを 買いに行くよ
コーヒーを コーヒーを 飲みにいくよ
違うのはガラスに映った景色だけ
君をもっと知りたいんだ

携帯電話のメロディ イライラしてしまう
携帯電話の光 君を待っている
携帯電話のメモリ イライラしてしまう
携帯電話片手に 君を待っている

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
03_時給の世界
椅子に座って出来る仕事なんて
外で働く何倍も楽だろ
自分のためには汗を流せないよ
君のためにしか頑張る気がしない

かっこつけた歌で 君に印象づけて
どうにかこの世界を ひっくり返したい
かっこつけた歌で 君を勇気づけて
どうにかこの世界に 明かりを灯したい

駅に向かって走る気もしないぜ
敵を作って戦う気もしない
こんなことでしか届く気がしないよ
君のためにしか働く気がしない

かっこつけた歌で 気持ちだけを込めて
どうにかこの世界の 目を醒まさせたい
かっこつけた歌で 明日も生き続けて
どうにかこの世界に 光を戻したい

かっこつけて踊って 祈りを振りまいて
損したこの気分を やり直してみたい
だから君も踊って それが嫌なら歌って
一緒にこの世界に 明かりを灯したい

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
04_SUNTRONIXの考えること
あなたのことを夢見たり 叶わぬ夢を形にするよ
缶ビールを開けて CDでもかけて パソコンに向かい 考えてみるよ
考えているよ

辛いときにも 楽しいときも あなたのことを考えている
仕事のときも 遊びのときも あなたのことを考えている

君のメールに返事を書こう 酔っ払っていると調子に乗るよ
街の風景 拾う情景 君がいなくて淋しくなるよ
悲しいことだよ

何も無くても 何かあっても あなたのことを考えている
つまらなくても 燃え上がっても あなたのことだけを考えている

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
05_12時間も寝てる
夢を見てる夜 とても寒い夜 いつまでもこのままで いられる訳もなく
古いTシャツが風に揺れている いつまでも変わらずに いられる訳もなく

君がいない間 息を止めてるよう 耳を澄まし 遠くを走る
電車の音聴いてる

いつも見ていても思い出せないよ どうせなら初めから 戻れる訳もなく
夢の終わりには君を思い出す 一人だけ変わらずに いたって仕方なく

君がいない間 息を止めてみよう 耳の中の記憶をたどり
電話の声聴いてる

とても長い間 息を止めてるよう 夢の中の記憶をたどり
12時間も寝てる
12時間も寝てる
12時間も寝てる
12時間も寝てる

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
06_半径1メートルの世界の中で
金木犀の匂い ハートに刺さる
赤レンガの上に 雨が落ちる
焼肉の煙が ハートに染みる
生ビールの向こうに 君が見える

半径1メートルの世界の中で
2時間ちょっとの夢を見てる

新しい洋服は 誰のために
新しい言葉は 誰のために
ヤシの実の香りに ハートが溶ける
やりとりの終わりに 世界が終わる

半径1メートルの世界の中で
2時間ちょっとは夢を見たい
半径1メートルの世界の外で
誰かと誰かの夢が見える

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
07_たまには本当のことを言おう
優しい君には うまくいって欲しいよ
かわいい君には 辛い目にはあって欲しくない

みっともなくても 笑われるとしても
たまには本当のことを言おう

君が好きで 君のためなら
何でも出来そうな 気がしてたんだ

会いたい気持ちは 君のことを尊敬してるから
悲しい気持ちは 君だけを頼りきってるから

みっともなくても 誤解を招いても
たまには本当のことを言おう

君が好きで 君のためなら
死んでもいいような 気がしてたんだ
君が好きで 君のためなら
自分のことなんて どうでもよかったよ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
08_sleepless_night
眠れないんだ 目を閉じていても
眠れないときは 君の歌でも聴こうかな

数えられる程度の季節が流れて
僕も君も大人になったのかな

あぁ 解けない鎖に繋がれた君と僕だよ
あどけない君に誘われて 僕は歌うよ
あぁ しがないしがらみに縛られた君と僕だよ
味気ないやりとりの裏側で 僕は歌うよ

響く君のハートビートが ひどく僕を惑わす
響く君のハートビートが 僕を巻き込んでいく

眠れなくても 朝の光は来る
布団をあげて 気持ちにけりをつける

数え切れないほどの季節が流れて
僕や君は大人になったのかな

あぁ 解けない鎖に繋がれた 君と僕だよ
あどけない君に誘われて 僕は歌うよ
あぁ しがないしがらみに縛られた君と僕だよ
味気ないやりとりの裏側で 僕は歌うよ

響く君のハートビートが ひどく僕を惑わす
響く君のハートビートが 僕を巻き込んでいく
揺れる僕の胸の鼓動が いつか君を動かす
揺れる僕の胸の鼓動が そっと君に手を伸ばす

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
09_天の川
夜の街を歩いてく 川のほとりを歩いてく
知らない街を歩いてく 目抜き通りを歩いてく

君と遠く離れてる 不安ばかりがつのるよ

ジグザグに走る 天の川
目を閉じてみても 消えやしないよ
どこまでも続く 天の川
目を閉じていると 溺れそうだよ

ネオンライトが踊ってる 街の灯りがわめいてる
知らない街を歩いてく どこかで食事をとりたいな

雨の音が聞こえてる 不安だらけで困るよ

ジグザグに走る 天の川
心の隙間に流れ込んでる
滅茶苦茶に光る 天の川
君にお土産を 探していくよ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
10_社会的には不安
仕事に愛情をかけるには理由がいる
一人きり 君のこと ひとしきり想う夜

伝えたいことだけが どうしようもなく
相手がいなくては 腐ってゆく

毎日に理由をつけるには答えがいる
困ってる君のこと 助けたいって想う夜

叶えたいことだけが どうしようもなく
誰にも届かずに 腐ってゆく

社会的なバランスと引き換えに自由がある
眠れずにそんなこと 一人きり想う夜

手にしたいことだけが どうしようもなく
君にさえ届かずに 腐ってゆく

仕事に愛情をかけるにも理由がいる

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る