×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



Black Rose


MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る

Black Rose
01_Black Rose
02_サマーセーター
03_Orion
04_Babyface(※試聴できます)
05_Honkey Tonk
06_消さないで
07_Your Favorite Thing
08_テレパシー
09_旅の宿
10_ロックンロール
11_Parco(※試聴できます)
12_White Lily

01_Black Rose
君が指を通した 髪が風に舞った
その行方を見てた 夢の中へ 夢の中へ
退屈なことでも 楽しそうに話す
君の能力が好き 離れないで 離れないで

いつも君を見てた 病めるときも 眠るときも
不可抗力っていうか 悪いけど 悲しいほど

BLACK ROSE このままじゃ夜も眠れない
BLACK ROSE 一人でも十分綺麗だけど
BLACK ROSE 君だったら目に入れても平気
BLACK ROSE そこにいてこの続きを見させて

君が袖を通した ドレスが風に舞った
黒い薔薇のようだった 夢の中へ 夢の中へ
言えない言葉が残った 刺のように刺さった
君の存在が好き 離れないで 近くにいて

BLACK ROSE わがままな君で構わない
BLACK ROSE 夜の闇 僕が終わらせるよ
BLACK ROSE 君だから手に入れてしまいたい
BLACK ROSE そこで見続けるのかい?

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
02_サマーセーター
優しさを小出しにして 君を笑わせ続けたいよ
君が美しいうちに 苛立ちや焦り 許されたいよ

小さな悩みでもいいからさ 二人の秘密を
ふやしていけたらなぁ

夕立のにおいがする 地下鉄の駅を通り過ぎてく
何度も同じ道を 君と一緒に迷いたいんだ

小さな痛みでもいいからさ 僕しか知らない
不安を知れたらなぁ

Why Can't We Live Together?
Why Can't We Live Together?
Why Can't We Live Together?
What's Goin'on...
What's Goin'on...
Tell Me Now.

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
03_Orion
短い指と柔らかい手のひらの感触 君の
長い髪を解いたり結ったりを見てるよ
身近な人と過ごす 甘く切ないひと時 僕を
思い出して 笑ったり泣いたりもあるのかい?

冷たい夜に滲む君を酔わせるカクテル それを
君に飲ませる適当な理由も見つからない

もっと近づきあえたら もっとあたためられたら
あと一歩でいいから 君がそれを許してくれたら
もっと一つになれたら もっと自由になれたな
あとどれだけしたなら 君はそれに気づいてくれるのかい?

気遣うけれど鎖はこれ以上は伸びない 君と
笑っていると必要な氷まで溶けてく
短い夢の終わりはいつもぼおっとしていていけない
言いたいことが伝わったかどうだか分からない

もっと近づきあえたら もっとあたためられたら
あと一歩でいいから 君がそれを許してくれたら
もっと一つになれたら もっと自由になれたな
あとどれだけしたなら 君はそれに気づいてくれるのかい?

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
04_Babyface
白い息を吐きながら歩いてく 君がそばにいる
そう遠くへは逃げられないだろう でも大丈夫

今あるものの大切さも分かるけど 分かるけど
扉をあけてきて欲しい

君のこと大切にしたいよ だけど言えないでいる
いつまでも素敵だと思うよ babyface

長い影を追いかける 揺れている 君はどこにいる
酒だけじゃ生きてけないけど 今は大丈夫

目に見える分かりやすさもまぁいいんだけど まぁいいんだけど
唇開けてみて欲しい

君のこと大切にしたいよ だけど言えないでいる
いつまでも素敵だと思うよ babyface

君じゃなきゃ駄目なこと 伝えてないけど分かってるだろ
いつまでも大切にしたいよ babyface

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
05_Honkey Tonk
君が近くにいるときの匂いがずっとしてたんだ
世界はやかましくて終わるときの音がしてた
二つの心臓の音が重なり合うのを待ってる
一つの真実だけが壊れるくらいに欲しかった

ガタンゴトンって僕ら揺れながら
今度会うときを考えたんだ
ガタンゴトンって僕ら揺れながら
体がぶつかりあった

こんな繰り返しが怖くて
色んな抜け道を考えたんだ
明るい日も 暗いときも
体はここにあった

君が滅多に見せない照れた笑いをするときは
世界中の工事中の音も聞こえなくなってた

ガタンゴトンって僕ら揺れながら
違う行き先を眺めてたんだ
ガタンゴトンって僕ら揺れながら
気持ちを考えてた

こんなゲームオーバーが怖くて
目立たないように過ごしてきたんだ
明るい日も 暗いときも
同じように欲しがった

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
06_消さないで
青ざめた月に映されている 黄昏れた横顔寂しそう
幻にも匂いはあって

消さないで それは僕にとっての最後の希望
消すときは お互いの胸の奥のスイッチを切って

夕焼けはアスファルトの下 盗まれたプライドはドブの中
幻にも期限はあって

行かないで 君は僕にとっての最後の魔法
どうしてもって言うのなら 僕の全てのスイッチを切って

幻でも話はあるんだぜ

消さないで それは僕にとっての最後の希望
消すときは お互いの胸の奥のスイッチを切って

行かないで 君は僕にとっての最後の魔法
どうしてもって言うのなら 僕の全てのスイッチを切って

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
07_Your Favorite Thing
何だか笑っちまうよ あんまりついてないからさ
何だか笑っちまうよ そうした方が楽だから
何だか笑っちまうよ 君がいつも優しすぎるからさ
何だか笑っちまうよ 笑った顔も切ないよ

僕が苦手なことだけを 君が好きだというなら
君が苦手なとこだけを 僕が全部食べるよ

Your Favorite Thing 余計なことばかり思ってしまうよ
Your Favorite Thing 君がいつも大切にするもの
Your Favorite Thing
Your Favorite Thing

何だか笑っちまうよ あんまり情けないからさ
何だか笑っちまうよ 鏡の奥も悲しいよ
何だか笑っちまうよ 君がいつもそうしてくれるからさ
何だか笑っちまうよ 笑えば君も笑うだろう

叶えたくなる幸せを 君が許してくれたら
間違いじゃない情熱を 僕が燃やしてあげるよ

Your Favorite Thing 近づくたびに君のこと分かるよ
Your Favorite Thing 毎日違うやり方でできるよ
Your Favorite Thing
Your Favorite Thing

普通の幸せじゃ君には物足りないよ
普通の幸せじゃ君には物足りないよ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
08_テレパシー
君の中庭に咲く 薔薇の花匂ってる
刺に触れ血を流す ルビー色のワイン
苦いけど そう悪くないよ

すれ違い微笑む 言葉はもう古い
テレパシーってこんなんかな なんかあったかい感じ
君にだけ伝わればいいよ そこから

手と手と目と目の関係性 僕は現実に君をくすぐりたいのに
星屑集めて連れ去って 君は僕の手をすり抜けていくよ

一粒の真珠から君の住む世界を
作り出してあげるよ この間のお礼
狭いけど居心地はいいよ

浮き沈み気にしない 君は僕の心臓だ
テレパシーで伝えたい 今はこんな感じ
君だけが分かってりゃいいよ そうだろ

手と手と目と目の習慣性 これじゃメチャメチャに僕は壊れてしまいそう
君の体重で軋ませて ソリはその方が早く進むよ 白くて
柔らかな雪に顔をうずめたら 君の幻にさよならできるかい?
華やいだ街に背を向けて 僕は君のこと考えているよ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
09_旅の宿
土曜日の宿から日曜の朝まで キラキラしている君の眼の
キャンプファイヤー燃やしたいぜ 祈りは空まで届くのかな?

降りしきる雨 晴れ渡る空 はっきり引かれた飛行機雲
バーブド・ワイヤー 滲む汗 ゼリーがどこかで溶けている

明日の朝になれば この呪いは解ける
走り出した君の上げる水しぶき

大丈夫だよ 君が僕の生き方を知っている
大丈夫だよ 僕が君の優しさを知っている
大丈夫だよ 君が僕のやり方を知っている
大丈夫だよ 僕が君の指先に変わる

もうちょっとのはずがこんなとこまで 見たこと無いような旅の宿
はっきりしたくて燃やしたいぜ 手紙は君まで届くのかな?

風邪を引いたのか君の声 いつもよりちょっと低いのかな
安心させたくて 滲む汗 眩暈がするほど綺麗になる

明日の朝が来れば この出会いは終わる
半信半疑の君に教えてあげるよ

大丈夫だよ 君が僕の生き方を知っている
大丈夫だよ 僕が君の優しさを知っている
大丈夫だよ 君が僕のやり方を知っている
大丈夫だよ 僕が君の指先に変わる

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
10_ロックンロール
僕の知らないとこまで 君は一人で歩いてく
知らない街を歩いてく 君の背中を眺めてる

誰も知らない言葉で 君の答えを当てたいよ
夜が来るたび重ねてる 昼のつながり求めてる
大切にしたいよ

感心しないロックンロールよりそう 普通でもいいんじゃない
軽蔑するほどじゃない 卑しさを受け止めんだ
蛍光塗料 目の裏で光る 眠れない夜みたい
最後に残る花びら 僕の手で摘み取るんだ
今すぐに

二つ並んだ兵器で 夜の不安を壊してく
汚い街を歩いてく 君の隣で救われる
夜の快速列車で 知らない街に逃げたいよ
君と僕の影が揺れる 月の砂漠を歩いてる
もう夢じゃないんだ

錆び付いてるロックンロールよりも 目の前にあるじゃない
挨拶するだけでほら薄皮がはがれそうだ
見え透いてる ありふれた欲望 君には触らせない
経験したこともない喜びを教えるんだ
最後には

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
11_Parco
嫌いにならないで 君が好きだから
隙間を埋めるのは こんな歌

楽しそうだろ?

寄り添って歩く公園の脇を
連れ添って歩くのをみんな見てる
嬉しそうに笑う君の横顔を見ている

似合うと思うのにな 君の新しい服
未来にかけるのは こんな歌

溺れそうだろ?

寄り添って歩く公園の脇を
連れ添って歩くのをみんな見てる
嬉しそうに笑う君の横顔を見ている

川沿いの桜並木を見に行こう
ペットボトルからレモンティー飲んで
公園の桜吹雪を見に行こう
新しい装い見せる春の街

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
12_White Lily
うまく言えないけど君は僕の憧れの白い花
そうは見えないけど僕は君の幸せの青い鳥

いつまでもこうしていたかった
変わらずにいられたのに

White Lily, White Lily
野生の君は白い百合
White Lily, White Lily
咲かせて僕に思い切り

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る