×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



GOLDEN WEEK


MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る

GOLDEN WEEK
01_ねえねえ先生
02_ゴールデン・ウィーク
03_必然と偶然
04_明日の期待
05_Rock N' Roll Party
06_僕の暮らしにあって君の存在がやたら眩しいだけ
07_ロックスター
08_君のソウル
09_悪い噂
10_つんでれ
11_また明日

01_ねえねえ先生
ねえねえ先生 僕にも分かるように
世界の秘密を教えてください
ところで先生 あなたの一番好きなことを
僕に許せる範囲で教えてください

幸せを願うほどに 遠ざかる気がしてるよ
幸せになれないくらい 幸せが欲しいよ

見て見て先生 あなたの似顔絵描いてみたよ
世界の秘密を分かった気がする
だからさ先生 あなたを一番好きな僕に
少し許せる範囲を広げてください

人込みを泳ぐほどに 一人きり身にしみるよ
もう何も見えないくらい 幸せが欲しいよ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
02_ゴールデン・ウィーク
君のゴールデン・ウィークの予定はどうなの
真夏みたいに暑くてさ どこへでも行けそう

都会では青い海のにおいがする においがする
太陽が溶けていく 君の顔が浮かんで消える

秘密主義の僕と君とじゃ会話もすぐ終わる
本当はもっと手放しで全てを交換したい

ベランダで水を遣って 赤い花が育ってく
体温を上げ続ける 夏の雨が叩きつける

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
03_必然と偶然
君はあんなに怒りっぽいのに 君はあんなに優しくなれる
君はやっぱり傷つきやすくて 傷が君を綺麗にする

僕の好きなものを君に教えたい 君の日常を楽しくしたい
君の好きなものを僕に教えて 君の世界を見せて

君ともっと早くに知り合えたら 必然と偶然がうまく出会って
別のことを書けたのかも知れないけど こんな風にはなれなかっただろう

夜はあんなに怖くなるのに 朝は何にも覚えちゃいない
いつも繰り返すだけの過ちも 続くうちはいいね

糸を固く結んではほどいて 砂を噛むような暮らしを続けて
君の反応でしか癒せないよ 人がいるのはいいね

君ともっと早くに知り合えたら 必然と偶然がうまく出会って
別のことを書けたのかも知れないけど こんな風にはなれなかっただろう

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
04_明日の期待
明日は君に会えるから 今日は寝れない
明日はうまく話せるかな だから寝れない

ドキドキとすることをしないうちからやめないで
驚きを知ることをしないうちからやめないで

体が高く飛べるから 夢で会いたい
心が熱く燃えるから ここで会いたい

真心のひきだしを開けて済むのならやめないぜ
まばたきの眩しさを俺が見てるからやめないで

ああ明日の期待と不安が僕のバケツの中で混じる

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
05_Rock N' Roll Party
もう一度 もう一度 忘れられない
ロック All Night Long

Rock N' Roll Party
そこで出会った
Rock N' Roll Party
あの頃
Rock N' Roll Party
あれからの日々を
どんな風に過ごしたんだい?

もう二度と もう二度と 戻ることのない
ロック All Night Long

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
06_僕の暮らしにあって君の存在がやたら眩しいだけ
言いたいこと君に言うのに 何でこんな面倒くさいことしちゃんだろう
聞きたいこと聞けばいいのに 遠回りして道を探している

君を信じてないわけじゃないよ
君を信じてないわけがないよ

僕の暮らしにあって君の存在がやたら眩しいだけ

知りたいこと何もないのに 何で全て君に向かって流れるんだろう
まだ何にも知りもしないのに 君が僕を好きなことが分かる

僕を信じてとは言えないけど
僕は信じてないわけがないよ

君の暮らしにあって僕の存在が光放つまで
僕の暮らしにあって君の存在がやたら眩しいだけ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
07_ロックスター
小さなメモ帳埋め尽くすように君に捧げる言葉連ねる

多分君に聴かせることもない僕の気持ち
君が作った

多分君も知らない夜のモンスター

小さな体 大きな魂 心つなげる言葉探してる

多分君に話せることのないこんな気持ち
歌にしてみた

多分君の知らない夜のロックスター

ロックスター 君には優しい
ロックスター 君には優しい
ロックスター 君には優しい
ロックスター 君には優しい

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
08_君のソウル
夜の引力を放つ君はいつもと違う顔
昼に蓄えた憂鬱な気持ち 光に換えて

青白く輝く 東京の夜 ディスコティック
君と踊る
いたずらに輝く 夢でさえない ミステリアス
それは多分 君のソウル

携帯電話がぶるぶる震えて痛みを増す
夜に光る川 投げかけてみる 期待と祈りを

虹色に輝く 守りたくなる 嘘のプロポーション
心躍る
スピードを上げてく 誰も知らない 夜のレボリューション
それは多分 君のソウル

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
09_悪い噂
君の悪い噂 とても心配しちゃうよ
君の悪い噂 僕がそばにいたいよ

顔が見えないと悪い想像しちゃう
君は一度もそんな顔したことは無いのにさ

君の悪い噂 とても気持ち悪いよ
君の悪い噂 僕がそばにいるから

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
10_つんでれ
営業スマイルで僕を見てくれ 営業スマイルは僕のためだけ
誰も知らない 僕も見てない とびっきりの表情を
見せてくれ 見せてくれ 見せてくれ とてもいい感じ

化粧しなくても変わらないんだね 君のスタイルは君のためだけ
誰もできない まねのできない とびっきりの表情を
見せてくれ 見せてくれ 見せてくれ とてもいい感じ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
11_また明日
若い二人も例外なく 歳をとっていくのだろう
悟るでもなく枯れるでもなく 取り得をなくしてくんだろう
若いでもなく老人でもなく 中途半端に子供だよ
夢を見るような毎日が 通り過ぎて固まってく

今僕を生かすものは 君に会える期待感
それを取り除かれたら 多分生きていけない

また明日会えるのかい また明日会えるのかい
明日なら会えるのかい それならまだ生きていよう

また明日会えるのかい また明日帰るのかい
明日なら会えるのかい それならまだ生きていよう

都会のオアシスに縁はなく 砂漠で野営続けてる
ネオンサインが心乱す 人に会うのが怖くなる
夜はいつも不安だから 君の名前思い出す
街中に灯す君のサインに 気付いてくれたら嬉しいよ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る