×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



One Thousand And One Nights


MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る

One Thousand And One Nights
01_雨上がりの日曜日
02_Talk To Me
03_Soul Train
04_輪廻
05_Never Stop
06_Seven Days
07_Baby Blue
08_おとぎの国
09_Sparkle City Noise
10_夢かもしれない
11_大人になったら
12_透明人間

01_雨上がりの日曜日
そんなにがっかりしないで 多分この先よくあることだから
そんなに期待してたら 傷つくことがみんなより多くなるよ
新聞を読んで 暗いニュースにおびえて
知りたかったのはこんなことじゃない

雨上がりの日曜日 冷たい霧がまとわりつく
欲しいものを欲しがって 寝れない夜を過ごしている
夜明けになっちまう

誰にも邪魔されないで 人気のない街を歩きたい
君には期待してたよ 砂漠地帯 最後のオアシスさ
寝返り打って 悪い夢見て
謝りたいんだ もう続けられない

雨上がりの日曜日 冷たいビールで流して
誰にも言えないけど 悲しい夜を隠している
弱気になっちまう

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
02_Talk To Me
君がいつか僕の方に倒れ掛かってくるかも知れないし
君がいつか歳をとって大切にして欲しいと思うのなら

Talk To Me, Talk To Me, Talk To Me,
Talk To Me, Talk To Me,
Feel Me, Touch Me, Cure Me Or Kill Me,
Believe In Me.

花のにおい 髪のにおい 君のにおい 忘れられないな
昼下がりも 月明かりも 不安なこと隠してあげるから

Talk To Me, Talk To Me, Talk To Me,
Talk To Me, Talk To Me,
Feel Me, Touch Me, Cure Me Or Kill Me,
Believe In Me.

やわらかい話し方で僕の苦しみ吸い出してよ
あと何回続くのかな ドラマティックな退屈

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
03_SOUL TRAIN
こんな苦しい気持ちは初めてだな
なんて思うのは何度もあったな
君がいなくちゃ退屈しちゃうな
落ちていく日々を片目で過ごした

ああ 君との ああ 想い出を
ああ あっちでも 繰り返し見れるかな
ああ 優しさを ああ 笑った夜も
ああ 涙も 想い出に変わるかな

バニラの香りも 汗ばんだ皮膚も
想像する限りは自由に思えた
夢見るような何も無い景色と
錆びていく君と一緒にいたいんだ

ああ 君との ああ 想い出を
ああ あっちでも 繰り返し見れるかな
ああ 優しさを ああ 笑った夜も
ああ 涙も 想い出に変わるかな

次の駅から乗ってよ 終着駅まで乗ってよ
僕も乗るから乗ってよ 想い出に変えないで
途中下車して歩こう 知らない街を歩こう
ずっと二人で歩こう 想い出に変えないで

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
04_輪廻
夢でもいいんだ 君のいる景色を
せめてもう1回見たいよ
辛くてもいいんだ そういうのは慣れてる
せめてもう1回言わせて

昨日の続きの今日が 決められたように過ぎてく
今しかないの分かってるのに 流れる
沢山の人が笑った 一人一人なら泣いてた
君の腕の白い太さに 溺れる

廻るスピードに置いていかれそうで
揺れるスピードにピントが合わなくて

受験生じゃないんだ 奴隷船かよ ここは
せめてもう1回見たいよ

昨日の続きの今日が 血塗られたように過ぎてく
普通の幸せでさえ 汚れる
沢山の日々を過ごした 一人ぼっちなら泣いてた
君の胸の深いところに 溺れる

廻るスピードに置いていかれそうで
揺れるスピードにピントが合わなくて

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
05_Never Stop
眠れないのかい? 僕も同じさ
不安なときは電話してこいよ
それはそうとして 下らない話
声を聴くだけで安心したから
あきらめないでくれ やめたら終わりさ
一度きりなの分かるだろ?

Never Stop Me, Never Stop You.
本当のこと 言おうとしていたよ
Never Stop Me, Never Stop You.
欲しいもの全部欲しいよ
Never Stop Me, Never Stop You.
本当のこと 見ようとしていたよ
Never Stop Me, Never Stop You.
君にだけ教えたいよ

怒れない君は 嘘もつけない
むずかしいことさ 生きていくだけで
やり直すなら いつがいいのかな
忘れるのなら もう一回苦しむけど

嫌いにならないで 信じて欲しいな
一度ぐらいはできるだろ?

Never Stop Me, Never Stop You.
本当のこと 言おうとしていたよ
Never Stop Me, Never Stop You.
欲しいもの全部欲しいよ
Never Stop Me, Never Stop You.
本当のこと 見ようとしていたよ
Never Stop Me, Never Stop You.
君にだけ教えたいよ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
06_Seven Days
土曜日は君のこと考えても 眠っても
好きなようにしてもいいようにできてる
日曜日は他のこと考えても 歌っても
好きなようにさせて欲しい日なんだ

1.2.3で生きている
あいつらのフラットな欲望に負けたくないんだ
感情だけで生きている
君の純粋な欲望が好き

一週間に二日だけ あと五日顔見せて
僕の気が狂ったりしないように
一週間に五日だけ あと二日顔見せて
ああ君が好き

土曜日は渋谷の街歩いても 匂っても
好きなようにしてもいいようにできてる
日曜日はどこかの街 水鳥が川の方へ
飛んで行くの ぼおっと見てる日なんだ

1.2.3で起きてくる
あいつらのロボットな欲望に負けたくないんだ
反復だけじゃないんだよ
君の強烈な欲望が好き

一週間に二日だけ あと五日そばにいて
僕の気が狂ったりしないように
一週間に五日だけ あと二日そばにいて
ああ君が好き

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
07_baby blue
ベイビーブルーはいい曲だ あの子の面影連れてくる
そんなにヒットはしないけど 関係ないぜ 俺は好きだ
ベイビーブルーはいい奴だ 優しく話を聞いてくれる
そんなに美人じゃないけれど 関係ないぜ 俺は好きだ

ねぇ大丈夫? 俺はただ汚いだけ
君の手で触れることもためらわれる いいのかい?
ねぇ大丈夫? 君はまだ知らないだけ
俺の手で触れることもためらわれる いいのかい?

ベイビーブルー ねぇ退屈かい? お前の話を聞かせてくれ
そんなに長くはしないけど お前と話す時が好きだ
ベイビーブルー やっぱり駄目だよ 優しくされてさ 甘えてる
あんんまり遠くへ行かないで どっちにしても 俺は駄目だ

ねぇ大丈夫? 俺はただ汚いだけ
君の手で触れることもためらわれる いいのかい?
ねぇ大丈夫? 君はまだ知らないだけ
俺の手で触れることもためらわれる いいのかい?

baby blue baby blue baby blue baby blue ...

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
08_おとぎの国
犯罪者達が良く眠る おとぎの国を歩いていくよ
格差社会が拡がってる おとぎの国に暮らしているよ

千年前から同じ話してる ビー玉みたいな同じ眼をしてる

祈り方を忘れた 喋り方を忘れた 愛し方も忘れた
ただ歌を歌ってた
顔立ちを忘れた 名前まで忘れた 匂いだって忘れた
ただ歌を歌ってた

高速道路は混んでいる 空には飛行機泳いでるよ
高層ビルが並んでいる おとぎの国は素晴らしいとこ

千年前から眠りについてる いつか届くかな 魔法をかけてる

祈り方を忘れた 喋り方を忘れた 愛し方も忘れた
ただ歌を歌ってた
顔立ちを忘れた 名前まで忘れた 匂いだって忘れた
ただ歌を歌ってた

求められる優しさを あげたいから 守りたいから
そこにいるならね

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
09_Sparkle City Noise
夜の街を カーテンをひいて
君の横顔 額縁に入れて

思い悩み過ぎておかしくなる 銀の月が笑ってる
ここで一言言わせてくれなきゃ吐きそうで

二人の声は複雑に絡み合って弾ける
二人の声は行く先を知らないまま泳いだ
泳いだ

Sparkle, Sparkle, Sparkle City Noise.

イチゴ味の飴玉をちょうだい
君の素顔を アルバムに入れたい

甘い痛みの中に隠している 結末のにおいがする
苦い経験 忘れさせてくれ 交換で

二人の声は複雑に絡み合って弾ける
二人の声は行く先を知らないまま泳いだ
泳いだ

Sparkle, Sparkle, Sparkle City Noise.

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
10_夢かもしれない
夢かもしれない 昼間の記憶は
夢かもしれない 幸せなことはみんな

目に映る約束は 動かすの難しそう
俺に無くてそこにある 確実さに裏切られそう

罪になるほどに甘い引力を感じてるよ クリミナル
言い訳なんてできないし する必要だって感じない

夢かもしれない 寝る前の会話は
夢かもしれない 幸せは怖すぎるよ

ふれあいや騙しあい 与え合う喜びを
君にどう教えよう 何をしてもらいたい?

罪を知るほどに強い引力に惹かれてるよ クリミナル
逃げ出すこともできないし その必要だって感じない

夢かもしれない 全ての記憶は
夢かもしれない 一人では怖すぎるよ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
11_大人になったら
大人になったらさ できるんだって思っていたよ
欲しいものはみんな 揃うんだって思っていたよ
大人の中にもさ できる奴とそうじゃない奴がいて
落ちこぼれるなんて 思ってもみなかったんだ

反省してみても 後悔してみても
犯す過ちは同じ
臆病だっておもうけど 続けていくしかないよ
おーい、ここだよ

子供に戻るには 戻れないとこまで来たし
社会に混じるには 心が幼すぎる
お金が無くてはさ 守るものも守れないし
自分を隠しては 昨日を汚していくよ

完成してみても 壊してやり直しても
陥る悩みは同じ
残業して思うけど 続けていくしかないの?
おーい、ここだよ

歩く やめないで 走る やめないで 歌う やめないで
おーい、ここだよ
頼む やめないで 君は 大丈夫 生きる やめないで
おーい、ここだよ
おーい、ここだよ
おーい、ここだよ
おーい、ここだよ

大人になったら 幾つになったら 大人になったら
大人になったら 魅力分かったら 大人になったら
ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
12_透明人間
普通には許されない 幸せが欲しくてさ
君の手を貸してくれ 許さなくていいから
僕は君を深く知ってるつもり つまり そうさせて

いつまでも色あせない 思い出が憎くてさ
君の手と髪の毛と 今すぐは駄目でもさ
僕は君を長く知ってる つまり それを そうさせて

街中を僕たち二人は誰にも
知られない透明な歌で包むんだ

寄り道じゃ済まされない 足跡が恋しくて
目の前の暗闇は 気にしなくていいから
僕は僕を君にゆだねるつもり つまり そうさせて

街中を僕たち二人は誰にも
知られない透明な歌で包むんだ

あじさいがブルーの涙を浮かべた
吐き出した気持ちは惨めに感じた

誰にも会えないほど 透き通った心に濁った体
誰にも言えないほど 透き通った心は ああ、ああ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る