×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



THIRTY-LOVE


MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る

THIRTY-LOVE
01_遠距離恋愛
02_プラットホーム
03_君がわかんない
04_井の頭
05_Love Bites
06_ニキビ
07_結婚
08_珈琲と古本
09_オルフェ

01_遠距離恋愛
毎日電話するよ 楽しいこともあるよ
君の声が好きだよ 優しくてしびれちゃうな
同じ部屋にいるよ 声がとても近いよ
手を伸ばすと空を切るよ 体はそこにないよ

会えないことはないよ 君がそれを強く望むなら
なんてないことはないよ 君のことがすごく好きだから

大体君ん家の方が 少し寒いみたいで
君は寒がってばかり 今夜も冷えるんだろう
毎日忙しそうで 僕はそれがこわくって
つまらない冗談で 君を笑わせるよ

会えないことはないよ 君がそれを強く望むなら
なんてないことはないよ 君のことがすごく好きだから
会えない夜もずっと 君が僕を強くつかむから
なんてない夜もずっと 君のことがすごく好きだから

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
02_プラットホーム
彼女のことを寒い駅のホームの上に
しばりつけるものは何なんだ
見上げた空を白い息が包み込んで
君の想いも吸い込まれる

お金か時間のどっちかでもあれば
君に会いに行くこともできるのに

太い毛糸で君の心包み込むよ
指の先まで温めるよ
マーブル模様の空から落ちる水玉模様
白い足跡がそこに続くよ

寄り添ってあげたって 涙は防げずに
次に会うまでに何か変わるかな

指先のストーリー 耳に近づけてごらん
教えたとおり 君を信じきってるんだ

良く見て 君の真っ直ぐな心と体
その引力に吸い込まれる
遠くで鈴を振る音が聴こえてくるよ
君の足音 かき消される

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
03_君がわかんない
コーヒーを重ねても アルコールに逃げても
チョコレートかじっても 今何時?
映画館入っても そっと手をつないでも
浮き足立ってみても

君がわかんない 愛してるの?
君がわかんない 僕を好きなの?

雪の中歩いても 春の音聴こえても
汗まみれになっても こんな感じ?
欲望をつなげても 張り裂けて別れても
元通りになっても

君がわかんない 愛してるの?
君がわかんない 僕を好きなの?
君がわかんない 夢見てるの?
君がわかんない どこに行くの?

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
04_井の頭
君の住む家のそばの池のある公園に遊びに行こう
暇を弄ぶ二人 鯉だとか鴨を覗きに行こう
きらめく水面に白鳥が降り立って
揺らめく心は ああ 世界の終わり

最低な僕のどこを好きになってしまったの?
優しい君の心傷つけないようにしよう
春の風に柔らかい髪 軽く揺れるよ

夢で会えたら良かった 君の面影がちらつくよ
動物園終わりの放送や 誰かのギターがうるさいよ
色づく水面は星空を吸い取って
瞬く心は ああ 世界の終わり

最低な僕のどこを好きになってしまったの?
優しい君の心傷つけないようにしよう
春の風に柔らかい髪 軽く揺れるよ
春の雨に柔らかい髪 少し濡れるよ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
05_Love Bites
人の話を素直に聞くお前はいいなぁ
人の噂を無視できないお前が好きだ
夕べはなんか孤独になって
君に電話をかけたよ

二人は細やかに互いを気遣って
ぎゅっと抱いたり話したりしたんだ

人の仕業を気にしちゃうんだね どうでもいいのに
黙っていてもうなずいても わかんなくてもそれでもいいよ
夕べはなんか声が聴きたくて
君に電話をかけたよ

二人は離れても互いに近づいて
ぎゅっと抱いたり話したりしたんだ
この部屋が壊れても この夜が終わっても
じっとしてないで 暴れたりしたいんだ
愛の傷跡残してみたいんだ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
06_ニキビ
彼女は気にしてる あごの下の
ニキビのこと気にしてる
彼女は気にしてる 柔らかいほほの
ニキビのこと気にしてる

大した問題じゃないんだ そんなことは

君の顔が好きだよ
夢に何度も出てくるよ
君の顔が好きだよ
週に何度も見ているよ

彼女は気にしてる さっきの電話
あたしのことかしらって気にしてる
彼女は気にしてる 彼女のことを
君は君でしかないのにね

大した問題じゃないんだ そんなことは

君のことが好きだよ
夢に何度も出てくるよ
君のことが好きだよ
夢で何度も抱きしめた
夢で何度もくちづけた

彼女は眠ってる ひとりぼっちの
部屋で恋の夢を見ている

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
07_結婚
僕のことを引きずり落とすのはやめてくれ
君の赤い唇 誰のものになるの
僕の心の拠り所になってくれないか
君の賢い頭は何のためにあるの

わかってる わかってるよ 全ての幸せは
女のためだというものな

ああ 君が幸せになるのをどんな顔して
見守ればいいんだろうな
ああ 君が結婚とかするのを 例えばね

彼のことをまっすぐ受け入れて欲しいんだ
じゃなきゃ流す涙が無駄になっちゃうもの
二人の心は暖炉にくべられた薪のよう
雪を溶かす熱さが身を焦がしてるよ

わかってる わかってるよ 放っといてあげるよ
卒業なんかじゃないものな

ああ 君が幸せになるのをどんな顔して
見守ればいいんだろうな
ああ 君が子供とか産むのを 例えばね
ああ 僕が幸せになるにはどんな人と
つきあえばいいんだろうな
ああ 僕が結婚とかするのを 例えばね
例えばね

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
08_珈琲と古本
コーヒーをもう一杯 好きな曲 もう一回
熱いやつをもう一杯 冷たくしないで

君は多分まだ夢の中 それを僕は知っているのに
蝋燭の火を吹き消すように 儚い
君の笑顔を思い出してた

髪を切ったら軽くなった 切った分だけ捨てたのさ
バイクにまたがり出ていった 海岸沿いを走りぬけ

君は多分まだ汽車の中 それを僕は知っているのに
小説の字を滲ますように 切ない
君の笑顔を思い出してた

ねえ今日は眠れそうなのかい?
眠れないのなら近くにいるよ
ねえ今日は眠れそうにもない
眠りにつくまで近くにいてよ

コーヒーをもう一杯 好きな曲 もう一回
熱いやつをもう一杯 冷たくしないで

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る
09_オルフェ
彼女は笑った もうずっと眠ってたいって
もう誰にも会わなくてもいいって
彼女は泣いた 子供みたいに震えて
説明できない涙がこぼれた

きっと大丈夫 君は大丈夫さ
僕のことを好きになれた そうだろ?

その穴の向こう側に 普通の幸せがあって
僕の手を握ったままで 振り返っちゃだめさ

彼女は笑った もう若くはないって
幸せなんかもう忘れてしまって
彼女は泣いた 子供みたいに甘えて
説明要らない涙をこぼした

きっと大丈夫 君は大丈夫さ
僕のことを好きになれた そうだろ?

その穴の向こう側に 無限の拡がりがあって
僕の目を見つめたままで 振り返っちゃだめさ
この夜の向こう側に 明日へのつながりがあって
僕と手をつないだままで 振り返っちゃだめさ
振り返っちゃだめさ
振り返っちゃだめさ
振り返っちゃだめさ

ページTOPへ | MUSICのTOPへ戻る | TOPへ戻る